忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「3月のライオン」

     桐山零、17歳のプロ棋士。
     幼い頃、事故で家族を失う。
     それ以来、彼の居場所には無い-その名前のように。
     そんな彼が、下町であかり・ひなた・モモの3姉妹と出会う-。

    画像3月のライオン 1(ジェッツコミックス)
    羽海野 チカ 白泉社 ¥ 490


     “ハチクロの作者”って肩書きは、とりあえず置いておこう。
     読んで数ページで、それを忘れてしまっていたので。
     絵とかコンテの切り方とかは、間違いなく“ハチクロの作者”なんだけれども、画面全体のトーンとか言葉とかが表現しているものが、全然違っていた。
     全然ではないのかな。すっごく深いところは、同じなんだと思うけど。

     夜の川べりを歩いているような。
     晴れたシーンを見ていても、何故か暗い、少し湿った空気の風が吹いているような。
     決して怖いとか気持ち悪いとかではなく、静かな闇の。
     光がないのではなくて、確かにあるのに、見えないような。
     そんな印象の、話。

     夜の川べりは、作中に出てくるので、その印象が強いのかも。
     零ちゃんは、これから何処に辿り着くのかな。

     以下、ちょっとネタバレ。



     “ほぼ別のマンガ”になってる二階堂くんの絵には吹いた。
     それ競技(?)も違うし!
     フツーの女性読者たちは知っているのかな…??

     あかりさんは理想の女性です!
     あのグラマラスボディから目が離せません!!←オヤジ…。。

     “契約の瞬間”には、鳥肌が立ちました。

     神様って何を見ているのかな?
     最近、私の心の半分以上を占めているあの男wが、
    「音楽の神様に会えないかと思って」
     ってな発言をしていたことについて、よく考えます。
     私は、彼こそが音楽の神様なんじゃないかと思い始めています。
     神様って、きっと万能じゃない。
     神話に出てくるように、力はすごいけど、だから他がダメだったり、大きな騒動を起こしたりするイメージで。
     そう考えると、すげぇメロディ作ったりするのに、他のことが色々ダメな彼は、私のイメージする神様に近い。
     それじゃあ会えないよね。って思ったりする。
     だって本人だもん。
     もしくは“彼の心の中に”いるのかも。
     彼が思う神様は、彼の心にしかいない。
     彼が語る言葉から、想像するしかない。
     さて、零ちゃんが契約した“将棋の神様”は、何処にいるんだろう?
     零ちゃんの神様も、彼の心にいるんじゃないかと思う。
     もしくは、彼の心そのものが、神様なのかもしれないと。
     彼がウソをついたのは、神様にではなく、自分の心についたのだ。多分。

    拍手[0回]

    PR

    無題
    私も今日買ったよ。
    零が嘘を付いた瞬間、電車なのに涙が出て来た。
    でも、自分が泣いてる理由がよくわかんないの。
    も一回読んで寝るわ。
    神ね・・・
    神かぁ・・・(マンガとは関係ない発言。
    何度も読んじゃう。
    >ボニさん。
    発売日購入仲間♪
    泣いている理由が分からないって、すげーと思います。
    ぇーと、そういう作品があるってことが。
    分かりやすい感動じゃないけど、泣くほど心を揺さぶられるってのが。
    私も泣きそうでした。我慢したけど。
    最近、涙腺弱くなったなーとは思うけど…年?(お互いw)

    >かおる。さん。
    貴女はマンガ読んでないんじゃ??
    “音楽の神”の彼についてですな☆
    全曲インタの“君をなくしたのは”のところ辺りと、
    合わせて考えてます。
    “あなたっていうのは僕の中にしか存在しないから。
     で、あなたの中にも俺はいるでしょう”
    という辺り。どっすか?
    いいと思う。<神。
    あのもっさりしたネ申の対人関係的なものの考え方、割と近いんだが。
    神というか屁理屈というか哲学的というか(笑。
    ぃやなんでもいいんだ。ヤツを愛でてるからw

    マンガ読んでません。
    ここでタイトル見て中吊り広告を偶然見て「ぁあ。これね・・・」と。
    じゃあ
    これね。って思ったなら読もう!
    貸すからさ。
    次に会うときに…って…あの日だな…。
    すずね嬢に借りようと思っていたのだが。
    会社の人が貸してくれたので読んじゃいましたー。

    >ほぼ別のマンガ
    私も吹いた。というか喜んだw
    競技は同じですみょ。
    「次号、詰むや、詰まざるや」の煽り文句は「月下の棋士」だからみょ。
    「背中が煤けてるぜ…」の「哭きの竜」ではありませんw


    関係ないけど、俺は神には祈らないぜ!←ホントに関係ない
    そうか!
    絵のインパクトにやられて書き文字見てなかったぉ…orz
    んでは宅本便からはずします♪
    他にもいっぱいあるから大丈夫!(エ。

    おれも神には祈らない!
    あのマンガでは、「おれ」ってひらがななんだょ☆←チェックがオタすぎる(- -;)
    ぃやー今週号、元気になってて良かった!
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [260]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]