忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「八百万の神に問う3 - 秋」


     Kindle版しか画像がでない…orz
     ま、それは置いておいて。

     これはまた、傑作!
     「夢の上」シリーズで魅せられた構成の妙を、また楽しませていただきました! …あ、まだ完結していませんが。次巻、完結ですが、こりゃ楽しみすぎる展開!
     構成の何がすごいって、巻毎に主人公が違い、それぞれの視点で身の上や過去の話を語っているのに、全体としての話もきちんと進んでいる事。
     途中の巻から読んでも、物語としては成立する。その巻の語り部の物語は、その巻で完結する。
     でも、全体の話は進んでいて、それがまた、すっげー気になるんだ…!!
     そして設定も、とても私好み。

    拍手[0回]

    PR

    「天使たちの課外活動3 - テオの日替り料理店」

     読んでからなんなんだけど、海賊の続きじゃないんですね…。あれ、まだ序盤で放りっぱなしで別の話出ちゃうっての、ちょっとがっくりですわ。。。
     今回の話は、スッキリまとまってて読みやすかった。いつもの通りな感じで安心感。
     でも物足りない感もあります。……マンネリ?

    拍手[0回]

    「悲痛伝」


     続くのかよ!
     ……ゃ、前情報なかったから。。。途中「残りこれしかページないけど、終わるのか? 無理やり??」と思ったよ、確かに。。。
     この枚数やって終わらないって……
     内容的には、こんなに枚数いらなかったと思う。
     戯言終わった辺りから「これ、無駄な描写多くね?」って思う作品が散見されましたが、このシリーズはそれが顕著だと思う。
     例えば、パラシュートが今後役に立つとか長々何度も書きすぎ。
     あとがきに「空回りする空々くんの思考を概ね追跡する形の小説なので長くなった」というような旨がありますが、それにしたって…。
     小説初心者の、推敲されていない感じがして読みにくいです。「もーそれは分かったから次行けや!」と思います。自分の作品が好きすぎて、ずっと書いていたいのかな…とも思いますが。むむむ。
     内容は面白かったけど、読むのがちょっと大変だっただけに残念。

     あまり関係ないけど、魔法少女って…ま○かなイメージが強かったので「少女」じゃないとなれないんだろ?w とか思ってしまった。
     あと、りすかの続きが読みたいw

    拍手[0回]

    「悲鳴伝」

    挿絵が一切ない西尾維新の最新作。
    ですが、ビジュアル化したら結構見ごたえあるんじゃないの? というキャラ揃い。
    ま、なぜ挿絵がないのかは………多分、アレを可視化出来ないからじゃないかと推測する。
    まあアレを絵にしちゃダメだよね。

    内容は、うん、愛と勇気と友情と……というヒーロー物。
    ふつーのヒーローではない感バリバリなのが西尾維新作品だなと。
    ある意味、主人公の成長物って感じで私は好きな部類。

    だけど、続きは出して欲しくないな…
    ○○○の○○○○○○とか、舞台的には出来るだろうけども、ここで終わっていて欲しい。

    拍手[0回]

    「恋物語」

    西尾 維新
    講談社
    発売日:2011-12-21

    ちょっとしたネタバレなので、感想はたたんだ先に。

    拍手[0回]

    「人魚は空に還る」

     ツイッターでジャケ買いの話をしていたせいか、やってしまった。
     絵がなんとなーく気になって手に取ったらさー“帝都”だの“怪盗”だのって単語があるんだもの。
     特に“怪盗”な! ふふふふ…(何。

     内容は、予想とは違ったけど面白かった!
     いわゆるホームズとワトソン物。殺人事件ではない事件を解決していく話。
     予想とは違った方がホームズでしたがw これはアリですね!

    拍手[0回]

    「サヴァイヴ」

    近藤 史恵
    新潮社
    発売日:2011-06

     やっと読めた!
     自転車・ロードレースミステリ(って説明でいいんだよね)「サクリファイス」「エデン」に続く3冊目。
     ヨーロッパに渡ってからの白石くんの話と、過去の石尾さん&赤城さんの短編が読めます。
     石尾さん&赤城さんの過去も色々あったのだなー。モユス(ぇ。

     最後の短編、白石くんの心情よくわかるなー。日本人らしいってのかな。自分に近いキャラクターって同族嫌悪で苦手なことが多いんだけど、チカは好き。なんでかな。なんだかんだで頑張り屋さんだからだろか。

     この本のタイトル「サヴァイヴ」。
     どこまで自転車選手として生き続ける事が出来るか。
     全編通してそんな雰囲気を感じました。

    拍手[0回]

    「囮物語」

     「『天然で可愛い』うぬのような存在を、ちなみに、日本語ではなんというか、うぬは知っていおるか?」

     「魔性じゃよ」


    画像  囮物語
      西尾維新


     内容は、あとがきにある「千石撫子ちゃんがとことん可愛いだけの小説です。強いていうなら、可愛さとは何かということを問いたい小説だと言ってもいいでしょう。」に集約されていると思います。
     「可愛い」「きれい」なのに、同性に好かれる女性とそうでない女性がいるの何故か、という問題の答えも隠れているような。本能的に「危険な存在」と見なされるか否か、というか。上記引用文の前に、忍ちゃんの「『可愛い』は『強さ』に匹敵する武器-」というセリフがありまして、この武器に脅威を覚え嫌う、という。しかし強すぎる武器を持つ人には勝てない=好きになる、みたいな。(『可愛い』は『好きになってもらえる=庇護してもらえる』ことになれば勝ちですから。この作品の論理で言えば、ですが)

     で、この物語はどこに行きつくのでしょうか。
     そしてあとがきにあるように「サードシーズンも書くんだろうなぁ」になるのでしょうか…?

    拍手[0回]

    「少女不十分」

      十年後の世界から冷静に考えれば、わかりきっていることだ

    画像  少女不十分
      西尾維新


     長かった!
     分量はさほどでもないのですが、前半がダラダラしすぎ。
    「それ、さっきも聞いたから!」
     という独白が繰り返され、
    「やっと進んだ!」
     と思ってページ数を見てみれば、半分過ぎていた……
     ストーリー自体は、割と好きです。好みかどうかは別にして(「○○が○に○○されていた」という話が出てくると好きにはなれない…)、ちゃんと全部読めて良かった。前半で何度読むのをやめようと思ったか! やめなくて良かった。変わった少女Uについて、腑に落ちた。
     ラストも…あんまり書くとバレるのでアレですが、私はいいと思う。あれくらいベタで丁度良いのでは。
     ただなー、短編とまでは言わないけど、中編クラスの量でまとめて欲しかったなー。

    拍手[0回]


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    06 2017/07 08
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]