忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「囮物語」

     「『天然で可愛い』うぬのような存在を、ちなみに、日本語ではなんというか、うぬは知っていおるか?」

     「魔性じゃよ」


    画像  囮物語
      西尾維新


     内容は、あとがきにある「千石撫子ちゃんがとことん可愛いだけの小説です。強いていうなら、可愛さとは何かということを問いたい小説だと言ってもいいでしょう。」に集約されていると思います。
     「可愛い」「きれい」なのに、同性に好かれる女性とそうでない女性がいるの何故か、という問題の答えも隠れているような。本能的に「危険な存在」と見なされるか否か、というか。上記引用文の前に、忍ちゃんの「『可愛い』は『強さ』に匹敵する武器-」というセリフがありまして、この武器に脅威を覚え嫌う、という。しかし強すぎる武器を持つ人には勝てない=好きになる、みたいな。(『可愛い』は『好きになってもらえる=庇護してもらえる』ことになれば勝ちですから。この作品の論理で言えば、ですが)

     で、この物語はどこに行きつくのでしょうか。
     そしてあとがきにあるように「サードシーズンも書くんだろうなぁ」になるのでしょうか…?

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [671]  [670]  [669]  [668]  [666]  [665]  [667]  [664]  [663]  [662]  [661
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]