忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    及川光博ライヴサーキット2014『THE MITSUHIROCK☆SHOW』 〜さらば!! 青春のSHIBUYA-AX〜

    “〜さらば!! 青春のSHIBUYA-AX〜”というサブタイトルの通り、AX最後のワンマンです・゜・(ノД`)・゜・
     ちなみに、明日はイベントで対バン形式なので、AXでワンマンをやるアーティストとして、トリなのです。よよよ(T△T)
    (超☆余談だけど、ラストのイベントライヴは、the pillows/9mm Parabellum Bullet/WHITE ASHという、かなり豪華なメンツでした。)

     AX…最近、とんとご無沙汰だったけど、思い出いっぱいのライヴハウス。
     始めて行ったときは、ライヴハウスがこんなに大きくていいのか! と思ったけど、改めて見ると、意外と小さかった。Zeppの半分くらいだものね。時代は変わったのぅ…

     以下、セトリと簡単なメモメモ。

    OP『誰も寝てはならぬ』(らしいです…不勉強。。。)

    1.月下美人
    2.聖域(サンクチュアリ)
    3.運命のいたずら
    4.アイという名のもとに
    5.まるごとフルーツ
    6.花びらのように やり直しした(^_^;)
    7.ココロノヤミ
    8.ベストフレンド しんどそーな感じが目に見えてきた…
    9.強烈ロマンス キヨシローだよ!
    10.天使のうた
    11.GO A HEAD!
    en1-1.スリル(布袋寅泰)
      2.モラリティー(ときめもホーンズ登場!)
    en2-1.Solution
      2.今夜桃色クラブで(かおりん&さっちん登場)
      3.S.D.R(理枝さん登場!!)

    ED『ネオンボーイ』

    以上!

     及川さん、全力出し過ぎたようで、後半バテバテだったけど、キラッキラしてて良かったわー(´∀`)
     目の前に、180クラスの男子が立ってしまい、ほとんど直接見えなかったんだけど、その男子は振り付けが完璧だったので、それはそれで見ていて楽しかったです。
     モニタが近くにあったので、ステージ上の動きは把握できていたし。

     AX…寂しいなぁ…

    拍手[0回]

    PR

    ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「祝祭の日」2014

    at 東京国際フォーラム

     今年も行きました、クラシックの祭典!
     ちょっと詰め込み過ぎて、プログラム以外の物を見る余裕がなかったので、来年は余裕を持ちたい。
     合間、15分とか焦ったわ…

     あと今年は1度も寝なかったぜ!(ぇー
     会場ついてから、リポ○飲んだのが効いたかな?
     おかげで堪能出来たー!

     で、以下に鑑賞した演目と、簡単なメモをば。

    214 ホールA 16:15-17:00
     ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95 「新世界より」
      ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
      ドミトリー・リス (指揮)

     第2楽章と第4楽章は有名旋律があって聞きやすかった。
     だがそれより第3楽章が出だしとか格好良くて好きだ!
     そしてトライアングルが入るほのぼの感とのギャップが良いです。

    274 よみうりホール 17:15-18:00
     モーツァルト:ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332
      第1楽章 アレグロ / 第2楽章 アダージョ / 第3楽章 アレグロ・アッサイ
     ショパン:ノクターン 嬰ハ短調 KK IV a-16 (遺作)
     ショパン:子守歌 変ニ長調 op.57
     ショパン:即興曲第4番 嬰ハ短調 op.66 「幻想即興曲」
     ショパン:舟歌 嬰へ長調 op.60
      アンヌ・ケフェレック (ピアノ)

     モーツァルトのピアノソナタの次に、ショパン。
     あ! ぜんっぜん違う!! って思った。
     まー当たり前だけど、同じ楽器なのに、作曲家の特徴が出てる! って。
     ショパンはやっぱ、キラキラだよねー。

    215 ホールA 18:30-19:25
     モーツァルト:レクイエム K.626
      レティツィア・シェレール (ソプラノ)
      キャサリン・ピロネル・バチェッタ (アルト)
      クリストフ・アインホルン (テノール)
      ピーター・ハーヴェイ (バリトン)
      ローザンヌ声楽アンサンブル
      シンフォニア・ヴァルソヴィア
      ミシェル・コルボ (指揮)

     ここ数年、プログラム簡素化されているラフォルジュルネですが、これは歌詞カードくれました。
     なので、これを見ながらの鑑賞。
     勿論、全部は分からないんですが、おおよそ、どの辺りかは把握しながら聞けました。
    (予習では、流し聞きしかしていないから、どの旋律がどのタイトルの部分…とか分からないんですよ。。。
     対訳付だったので、「これはこんな意味なのかーこの旋律と合っていいなー」とか考えながら聞けたのも良かったです。
     「ベネディクトゥス」はベネディクトさんの名前の語源なんだろーなー、とかw
     そうそう、この演目は、2006年のモーツァルトの時も聴いているので、2度目の鑑賞でした。
     何度聞いても良いものですなー。

    256 ホールD7 19:45-20:30
     ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第19番 ト短調 op.49-1
     ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第20番 ト長調 op.49-2
     ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 op.53 「ワルトシュタイン」
     (en. メンデルスゾーン 無言歌集より 第5巻 作品62-1 「5月のそよ風」)
      小菅優 (ピアノ)

     「ワルトシュタイン」は音源もっているかも! と思ったのに、なかったり、音源収集の途中でバタバタしてしまった関係で、このプログラムの曲はすべてノー予習! 初聞き!!
     でも寝ませんでした!w
     むしろ「ワルトシュタイン」の派手さには目が覚めましたw

    拍手[0回]

    “成山内 東名阪ワンマン”

    @東京 手紙舎 2nd STORY

    ハーメルン
    lamp
    さかなになって
    palette
    ドレミ
    君と背景
    パラベル

    inside
    なんとなく
    写真
    自由の果て
    ピエロ
    エトピリカ
    メロウ
    メトロノーム
    メリーゴーランド
    メロディ

    En
    ねむろ

    拍手[0回]

    “sleepy.ac tour ~ extra ~”

    @ 北とぴあプラネタリウム

    1. only in dreams
    2. メロディ
    3. アンドロメダ
    4. メロウ
    5. シエスタ
    6. ハーメルン
    7. lump
    8. カゼノトオリミチ
    9. まっくら森の歌
    10.メリーゴーランド
    11.街
    12.雪中花
    13.white
    14.Lost
    15.かくれんぼ
    en-1 PAIN

    拍手[0回]

    “repeating floor”

    at TSUTAYA O-EAST
    出演:GOOD ON THE REEL / la la larks / sleepy.ab(出演順)

     アップしたつもりだったのに、なかった。。。(現在2/14)

    拍手[0回]

    “sleepy.ac tour”

    at キリスト品川教会グローリア・チャペル

     教会でのライヴ! しかもストリングスと共演のac編成!!
     わくわくしながら会場へ。
     そうしたら、いきなり入口の張り紙で笑ってしまった。

    「目覚めよ!!」

     教会ですから。教会の、説法じゃなくって…なんていうのでしたっけ? 聖書のお話をする会の告知なのですが、文字だけで、こう、でっかく「目覚めよ!!」って書かれると…ねぇ? 今日の演奏で「寝ちゃダメだ!」って感じでwww
     目覚めているよう頑張ってみましたが、気持ちよくって…ちょっと危なかった。


    ナタリーのレポ記事→「sleepy.ac、観客を魅了したストリングス隊との教会ライブ

    01. アンドロメダ
    02. earth
    03. 街
    04. darkness
    05. シエスタ
    06. パレット
    07. 幻日
    08. lump
    09. カゼノトオリミチ
    10. メリーゴーランド
    11. around
    12. メロディ
    13. ハーメルン
    14. 賛歌
    15. Lost
    16. かくれんぼ

    en--1. 雪中花

    拍手[0回]

    “9mm Parabellum Bullet 「Breaking The Dawn Tour 2013」”

    at Zepp Tokyo

     相変わらずで恐縮ですが、あんまし体調良くなかったので(^_^;)
     後方左側、柵のところを陣取り、ステージ全体が見える感じで鑑賞いたしました。
     前回より若干後ろ目だったけど、位置は関係なく盛り上がった! 体力が難でしたが、元気だったらもっと楽しめたのに…OTL

     以下、セトリ、および、うろ覚えのMCがあったとことか感想をだらだらとメモ。



    拍手[0回]

    “SUGA SHIKAO LIVE TOUR 「やるしかねーだろ!?2013」”

    at Zepp DiverCity

     ちょー久々にシカオちゃんのライブ!
     だって土日にやってくれないんだも…(´・ω・`)
     土日に予約とるの大変なんだけど、今回頑張ったってシカオちゃん言ってた!(確か。
     ありがたや! ありがたや!!
     そして内容もすげー良かった!!

     以下、セトリ。
     そうだ、まだツアー期間中だからたたんでおこう。

    拍手[0回]

    “五十嵐隆「生還」”


    at NHKホール

     少なくとも2誌には記事が載ることが分かっていたので、それを見てから感想を書こうと思っていました。
     で、それを読んでから中味を消化するのにかなりの時間を要してしまい…気が付けば世間は暑くなっていました。(今、8月です)
     結局、うまく消化できていないんだけど、まぁつらつらと書いてみようかと。

     当日、ホールに入ったら、ぽつーんとひとつだけ花が来ていて、どっから来たのかって思ったら「親戚一同」かよ! と、苦笑してみたり、NHKホール40周年の垂れ幕を見ては「五十嵐と一緒じゃん!」とか言ってみたり、ちょっとはしゃいでみたんだけど、期待と不安の入り混じった落ち着かない気持ちは抑えられなかったのでした。

     ホール内もそんな、フツーの話してるけど落ち着かないみたいな、独特な雰囲気で。

     そんな中、上がった幕の裏には、もう一枚、薄い幕が下がっていて、演奏している彼らのシルエットだけが見えた。
     バンド形式だ! っと思った瞬間、ドラムのシルエットを見て
    「ああ! ダイキちゃんだ!!!」
     と歓喜して思考が停止。
     いや、ギターボーカルのシルエットも勿論確認して、あんまり変わってないみたいとか思ったんだけど、まさか彼らが一緒のステージをもう一度見られるとは!!! …と。
     すべての幕があがって、ベースのキタダさんも確認し、本当にシロップだ…! と、歓喜。
     それから、なんかもう思考は無化した(笑) ただ、久々に音に浸った。

     そんなセットリストはこんな感じでした↓

    1.Reborn
    2.Sonic Disorder
    3.神のカルマ
    4.I.N.M
    5.生活
    6.赤いカラス
    7.ラズベリー(新曲)
    8.さえないコード(新曲)
    9.透明な日(新曲)
    10.ヒーローショー(新曲)
    11.真昼のターンテーブル(新曲)
    12.明日を落としても
    13.センチメンタル
    14.月になって
    15.落堕
    16天才
    17.Coup d'Etat
    18.空をなくす

    en1
    パープルムカデ
    リアル

    en2
    翌日(初期楽曲歌詞違いver.)~翌日

     新曲も良かった。
     音源で聞きたい…けど、まぁ贅沢は言うまい。
     今後もちょこちょこ活動してくれたら…いいなぁ。

    (と思っていたら、UKFCに出ますね。仕事の都合で行けないのが、ほんとーにほんとーに! 悔しくて地団駄踏んでいます…)

    拍手[0回]

    ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」2013

    今年も行ってきました!
     毎年、この時期はクラシックに浸るのですよ!(他の時期は? とは聞かないようにw)
     今年のテーマは「パリ、至福の時」。
     以下に、聞いたプログラムと簡単な感想をば。

    公演番号244 16:00~16:45 ホールC
     曲目 ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
        フランク:交響的変奏曲
        ラヴェル:ボレロ
     アーティスト ベルトラン・シャマユ (ピアノ)
            フランス国立ロワール管弦楽団
            パスカル・ロフェ (指揮)

     ・ボレロ! ボレロ!! 今回聞けそうな時間帯でやってるボレロがここだけだったので選んだプログラム。
     ・なので、他の2曲は全く知らず(^_^;) 予習するためにCDを探したのですが、フランクの曲目は壊滅でしたOTL(この次もフランクの演目がある) ふつーの交響曲はあったんですが…マイナーなんすかね。。まぁ毎年、マイナーな演目に行ってしまう傾向が合って苦労するんですが。。
     ・今回のプログラム、年齢順に言うとフランク→ドビュッシー→ラベルなんだけど、一番現代的だなーと思ったのがドビュッシー。演奏終了後に解説見たら「現代音楽の扉を開いた人」ってあった… それぐらいの知識しかない人でも楽しめますよクラシックコンサート!(マテ。
     ・揺れ動く音の感じがこう…まどろみを表現しているそうで…うん、非常に気持ち良く眠りに突き落とされるところでしたよ…(かろうじて堪えた
     ・フランクの「交響的変奏曲」。音源見つからずOTL 1回だけようつべで探して聞いた程度。
      変奏曲の意味はわかりませんでしたが(ぇぇー)、格好良かったです! 結構好み(´∀`) ……中盤、若干落ちましたけどね… 疲れがたまっていたので仕方ない。。。
     ・ボレロ! 生で聞けて&見られて良かった。スネア、指揮者の近くにいる! とか、バイオリン、ギターみたいに弾くのか! とか、音源だけでは分からない事が見えて面白かったし(´∀`) 今回S席でかなり前の方だったので、メロディが楽器ごとにリレーしていくさまが見られなかったのは残念。多分、最後列だったんだよねフルートとかクラは。
      

    ↓以下、とりあえず見た公演だけ置いておく…
     日数おいたら、感想忘れてしまった(ーー;)

    公演番号225 17:45~18:30 ホールB7
     曲目 ラヴェル:ラ・ヴァルス
        フランク:ピアノ五重奏曲 ヘ短調
     アーティスト ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ (ピアノ)
            モディリアーニ弦楽四重奏団 (弦楽四重奏)

    公演番号246 19:30~20:15 ホールC
     “魂のストリング”
     曲目 深淵(ブレリアス、踊り付)
        アルペジオの架ける橋(タンゴス)
        彗星の雨(ルンバ)
        カリブ海(グアヒーラ、踊り付)
        悠久(バラード)
        真珠の首飾り(アレグリアス、踊り付)
        魂のストリング(ルンバ)
        鳩(ワルツ)

     アーティスト カニサレス (ギター)ら
            カニサレス・フラメンコ六重奏団

    拍手[0回]


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]