忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「みなさん、さようなら」

     閉じていても、狭くても、世界は世界。


    画像みなさん、さようなら
    久保寺 健彦 幻冬舎 ¥ 1,575


     小学校卒業を機に、団地の中だけで生きていこうと決めた少年の物語。
     団地の外にある中学校に通うよう、教師は説得するけれど、彼は団地の中にあるもので生きていけると取り合わない。
     母親は、好きなようにしたら良いと温かく見守る。
     友人たちは…それぞれだ。
     年月を経るごとに団地内の友人はひとりふたりと減って行く。
     いつまでも同じ場所にとどまってはいられないから。
     それは、この設定に限った話ではないと思った。
     学校を卒業するように。
     家を出てひとり立ちするように。
     職場を移るように。
     いつまでも、同じではいられない。
     それはどこの世界でも、同じことだ。

     彼には外に出られない理由があったのだけれども…
     それが結構ありきたりで、少しガッカリ。
     明確な、たったひとつの理由があるより、不明瞭ないくつかの理由があるほうが、私は好みでリアルだと思うから。
     例えば恋人と別れるとき、明確な理由をひとつだけ述べろ、と迫られても出来ない。
     まぁこの小説はエンターテイメントだから、明確な理由で構わない(し、そうであることが求められると思う)のだけれども。

     まぁ、あれだな。
     あのバンドのことで、心情を説明出来ないもどかしさを抱えながら読んでいたせいもあるんだがな。きっと。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [264]  [263]  [259]  [262]  [261]  [260]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]