忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「愛罪 -Uxoricide-」

     五條瑛 著 双葉社 2006/4/15

     長谷川光夫は、神の導きとしか思えない偶然から神秘的な占い師と出会った。
     彼女の名はドゥルダ。美しく聡明な女神。
     彼女を手に入れるため、長谷川グループの後継者にならなくてはならない。義理の兄を蹴落として。
     そのための道を、彼女は示す。
    「かつて見た美しい夢の結末を確かめるべきです。一つの夢は男、もう一つは女」
     長谷川には分かった。
     男の夢は、かつての友。
     女の夢は、実の母。
     彼らの消息を辿るにつれ、彼は思いもよらない真実を掴む-
     10作完結予定の《革命シリーズ》、いよいよ第5作。

     愛罪

     あらすじには長谷川しか書かなかったけど、今回はもうひとりフリーライター立石亘も主人公かなーと思います。あーあと、すみれも?
     この辺りの話が絡んで、事件が収束する様はいつもながら見事。
     んでも、相変わらず革命の全貌は謎…ちょっと見えては来たけれど。



     わたくし的には、亮司が慰め程度にしか出なかったのが寂しいわー。
     すみれにサーシャとのこと心配されてるしさー(笑)。

     今回のテーマはここですね。

     みんな過剰なほどの愛に溢れているっていうのに、誰一人幸福になんかなってない。愛を言い訳にして、残酷な罪を重ねていくばかりだ。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [26]  [478]  [25]  [479]  [24]  [23]  [480]  [22]  [21]  [20]  [481
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]