忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「陰陽師 太極ノ巻」

     夢枕獏 著 文春文庫 2006/3/10

     陰陽師・安倍晴明と盟友・源博雅が、平安京に起こる不思議な事件を解き明かす人気シリーズ。
     「二百六十二匹の黄金虫」「鬼小槌」「棗坊主」「東国より上る人、鬼にあうこと」「覚」「針魔童子」の6編を収録した単行本の文庫化です。

     陰陽師 太極ノ巻

     お気に入りのシリーズは、単行本で出たら図書館で借りて読み、文庫に落ちたら購入して再読することにしています。
     もちろん、陰陽師シリーズもです。
     太極ノ巻は2003年4月に単行本が発売され、私は6/29に読み終えておりました。
     当時の感想は“一生書き続けちゃいそうと夢枕先生がおっしゃっているように、私も一生読み続けちゃいたいなあ”でした。
     あれから3年。まだ読んでます。
     冒頭の、晴明と博雅が縁側で飲み交わしているシーンは、いつも野の風の匂いがして、好きです。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [488]  [54]  [55]  [56]  [57]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63]  [64
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]