忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    執事に給仕されて来ました☆^∇゜)

     ウワサのあの喫茶に行って来ましたよ! ふふふふふ腐。(ぇ。
     予約&お誘いありがとうです! (他人の手配に乗っかるばかりなワタクシ☆)

     店内は写真撮影禁止でしたので、確かなうろ覚えでw記録を残そうと思います。ニヤス。



     玄関に入りますと、スレンダーメガネなwフットマンさんに声をかけられました。
     予約などの確認、少々待ちます。ここにおいてある椅子もアンティーク調の椅子でステキです。
     ここが肝心なところですが、ここにある調度品その他、すべて趣味が統一されているのです。待合室から“屋敷”セットは始まっているのです。

     そして店内、違う、屋敷内へ。
     ここで執事さんがお出迎え。ちゃんと屋敷玄関に模した扉を、鍵で開いて案内してくれます。
     あ、荷物はここで預けます。今日は雨が降っていたので、傘も一緒に。
     手荷物は、お出迎えとは別のフットマンが席まで持って来てくれます。
     以降、手荷物を取りたい時は、席に備えてあるハンドベルを鳴らして使用人を呼んで取らせる、という形になります。
     まじで貴族気分です。しかし庶民の私はドッキドキです!!
     あ、前後しますが、屋敷内の雰囲気。
     意外と広いです!
     面積に対する座席数は、ちょっと良いファミレスくらい(比較がビンボ臭くてすみませ。。)なんですけどね。
     多分、地下のわりに天井が高いんですね。
     シャンデリアが下がっていたのですが、それが重苦しい感じになっていなくて、良い! これをバラして皆で掃除するのね…(byエマ)ww
     あーあと、座席全部にお客様がいないせいもあるのかな。
     空席があるって、余裕を感じませんか?
     それからブースで区切った席があるのも、壁際のソファー席はレースカーテンで区切られているのも良いと思いました。
     カーテンは持ち上げられているので、実質、目隠しにはならないんですけれど、精神的に良いなぁと。丸見えではないけど見える感。なんだろう、日本人ってそういうの多いよなぁ…御簾とか…
     話が逸れた。
     んで、お出迎えの執事とは別の担当執事さんがついて、お屋敷やメニューの説明。
     メニューはねぇ、どれも魅力的過ぎて決められないんですよ!(汗。。。
     紅茶の種類はもちろん、デザートや軽食まで、どれもこれも…!!
     滞在時間は80分と短いので、HPである程度あたりを付けて行くのがベターだと思いました。
     まったく余談ですが、ここのメニューも先日行ったメガネでスーツなカフェと同じく、火が使えない場所で作っているのかなって内容でした。
     外に出て、しばらくしてから思い至ったという…冷静になるまで気付かなかったのは、材料や調理方法や盛り付けが凝っていたからかなぁ…。
     私が頼んだのは“Richard I(リチャード一世)”というサンドウィッチとルッコラトトマトのサラダとデザートのセットだったのですが、サンドウィッチは材料が細かく刻んであって、ちゃんとパンと具が馴染んでいたのでナイフ&フォークで頂いても崩れなかったし、トマトとルッコラは、すごく美味しかった! ちゃんとしたイタリア料理店で食べる味でした。食べにくかったですがね…(汗 ←単に食べる側の技量の問題。。
     デザートは柚子のムース。下のビターチョコなスポンジと、酸味強めな柚子ムースが絶妙なハーモニーを…♪
     さすがに別店を構えるだけあります。美味しい!

     で、外出(店を出ることです☆)の前にお手洗い。
     当然、使用人を呼んでエスコートしてもら…違う、エスコートさせます☆
     ここはちょっと残念なポイントで、途中の通路が日常通りなのと、地下ビル&雨だったので仕方ないんですけど、臭いが…orz
     洗面台は、すっごく良かったんですけどね!
     バラのデコレートはもちろん、ティッシュペーパーはブリキっぽい箱に入ってたり、カゴにハンドタオルが入っていて、使ったら足元のバスケットへ…というのとか。あ、エアータオルもありましたよ。

     さて名残惜しい外出の時間。
     HPにあるとおり、執事が時間を知らせてくれます。
     以降は入店と逆の手順。
     執事と手荷物を持ったフットマンに玄関までエスコートされ、預けた荷物を受け取って、という。
     この時、執事が「雨なのでお気をつけて…」とか言ってくれます。
     そういえば荷物をうっかり落としてくれたwので、
    「申し訳ありません、お叱りは後ほど…」
     とかも言ってくれましたね☆
     他にもオーダーを忘れられてたりもしましたが、全体的に良い! です。
     あの雰囲気は、良い!
     メイドさんがいないので、全員男子で燕尾服。
     いいね☆ やることが多いので、普通の店に比べると人数多め。ですが全員、スレンダー~標準体型でメガネ男子が半分くらいですか?
     ……目の正月ですよ…!(エ。

     また行きたい! が、予約が…うーん…頑張るか…!

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    燕尾で艶美なひととき。
    オープンした年には某S嬢と「ゆこう」「ゆこう」と言った気がするから、 もう2年越しか、少なくとも1年越しにはなる約束の実現。 何かというと。 執事喫茶「Swallowtail」体験。 なんでこんなに時間がかかったかというと。 予約をするのが大変だから。 というのもあるが、実際にはチャレンジするきっかけを失ってたから(ぇー。 いや確かに予約は大変なんである。 1ヶ月前の0時からネットで予約をするんだが、こーれーがもう。 人気アーティストの公演かつーくらい、あっという間に空席...
    URL 2009/01/06(Tue)16:45:40
    [308]  [307]  [306]  [305]  [303]  [304]  [302]  [301]  [300]  [299]  [298
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]