忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「ぬるい眠り」

     江國香織 著 新潮社 2007/3/1

     『きらきらひかる』の十年後を綴った『ケイトウの赤、やなぎの緑』他、中編短編合わせた九編を収録。
     文庫オリジナル。

     ぬるい眠り

     人間関係を定義するのは、なんて難しいのだろう、と思う。
     普段から思ってはいることだけれども、江國香織の小説を読むと特にそれを強く感じる。
     男と女で、肉体関係があるからといって恋人同士とは限らない。
     肉体関係がないからといって、恋人同士ではないとは言えない。
     互いに好き合っていて結婚しても、肉体関係がない夫婦だっている。
     そして夫の恋人が男で、その恋人と妻の関係は-?
     …って最後のは『きらきらひかる』の設定ですが、一言では表現出来ない関係の代表かな、と。
     誰かに説明するのに定義は必要だけれど、定義しちゃうと味気ないなあと思うのです。


     以下、ネタバレ含む感想。



    『ラブ・ミー・テンダー』
     これも愛。周りがバカを見る夫婦の見本。
     怒る気にもなれず、優しく苦笑いするしかないってヤツですね。
     傍から見てると微笑ましいのですが。

    『ぬるい眠り』
     一番“江國香織の恋愛小説”っぽい気が。
     あ、だから本のタイトルなのか。

    『放物線』
     スガシカオの“ぬれた靴”を思い出した。
     “中華屋”と“懐かしい友人”繋がりなわけですな。多分。

    『災難の顛末』
     ノミに刺されまくった肌を恋人に見せることに耐えられない。
     恋人に気持ち悪がられるのが嫌なのではなくて、そんな肌を愛撫されている自分に耐えられないのだ。
     …と、いうことを理解できない人は一生出来ないんだろうなーと思った。
     十代のわたしも多分無理だ。

    『とろとろ』
     彼に溺れ過ぎると自分を見失ってしまう。それが怖い。だから、他の男の人とも寝る。
     …みたいな感じ。分からなくはないけど、イヤだな。
     小説としては好きですが。

    『夜と妻と洗剤』
     旦那さま視点のこういうタッチ、珍しいのでは??

    『清水夫妻』
     本当に、こんな夫婦がいたら怖い。
     けど、お葬式が“神妙で敬虔な気持ち”になる、というのは分かる。
     大して付き合いのない人のお葬式だと、なりませんかね?

    『ケイトウの赤、やなぎの緑』
     紺と睦月が別れているのは、作者の“恋は必ず終わる”という哲学によるのかなと。
     ここで別れてなかったら、少女漫画ですけど。
     でも三人の関係は切れていない、というところが素敵。現実もそういうことあるよね。
     そして説明し難い、という関係。
     個人的に、笑子さんやちなみさんみたいな女の人、大好きなので読んでて楽しかった。

    『奇妙な場所』
     いくつの時の娘?? と、計算してしまった。。
     これくらいの年齢の女性が集まってると、確かに同年代にしか見えないかもー。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [93]  [91]  [90]  [89]  [416]  [86]  [87]  [417]  [418]  [419]  [420
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]