忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「まほろ駅前多田便利軒」

     三浦しをん 著 文芸春秋 2006/3/25

     東京都の南西部、神奈川に突きだすような形で存在する、まほろ市。
     そのどっちつかずの市内にある、まほろ駅前にある便利屋が、多田便利軒だ。
     従業員は多田啓介、ひとり。
     しかし年明けすぐの1月3日、バス停のベンチで高校時代の同級生と再会する。
     彼の名前は行天春彦、名前も変わっているが素行も変わっている。
     何しろ高校時代は一言も話さなかったのだ。教師に指された時でさえ。
     そんな彼の声を聞いたのは、ただ一度だけ。裁断機を使用中、クラスメイトの男子がぶつかって、彼が小指を切断したときだけだ。しかも「痛い」とただそれだけ。
     そんな彼が、目の前で話している。しかも、べらべたとうるさいほど。
     ペースを崩す多田に、彼は言う。
    「今晩、事務所に泊めてくれ」
     行く当てがないという行天に根負けした多田は、事務所で共に生活をし始める。
     従業員と呼ぶにはハンパな立場の行天と、便利稼業に精を出す-。

     まほろ駅前多田便利軒

     何かのインタビューで『気楽なものを書きたい』というような発言があったような記憶があるこの作品。(いつもながら曖昧な記憶だなぁ)
     基本は噛み合わない(ように見える)男二人が事件を解決するっつー王道的エンターテイメント。
     そんでもって“再生”の物語なんだよね。
     いい年の、子どももいる年の男ふたりのさ。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    まほろ駅前多田便利軒★★☆
    『私が語りはじめた彼は』で、その構成の秀逸さと、精緻な人物描写に打ちのめされたワ...
    URL 2006/06/05(Mon)21:37:54
    [10]  [9]  [486]  [487]  [7]  [8]  [6]  [3]  [488]  [54]  [55
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]