忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「心洞

     五條瑛 著 双葉文庫 2006/5/20

     家出少女のエナと“鳩探し”をさせられている同居人のヤスフミ。二人の住む新宿では、若者たちが「ドゥルダ」と呼ばれる謎の占い師の虜となり、新種のドラッグに酔いしれている。彼らはみな、心にとてつもなく大きな空洞を抱えている。
     「R/EVOLUTION」=革命小説シリーズのOにあたる第3弾。書き下ろし掌編「東京湾アクアライン」収録。
    (裏表紙あらすじ) 

     心洞

     タイトル“心洞”の由来は、あらすじにあった“心の空洞”ってこと。
     食料もエネルギーもありあまった、この国の住人たちは心に空洞を抱えている。
     食うにも困る国々の人の方が、よっぽど生きるエネルギー・希望や執念で満ちた心を持っているというのに。
     それは多分、人が持てるものには限界があるってことじゃーないのかなーと思う。
     何かが満ちれば、何かが欠けるんだよ。多分。
     だからこそ、この国に“革命”を起こせるんでしょ。
     とか言ったら、きっとサーシャは薄く笑って何も言わないと思う。メイビー。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [483]  [16]  [484]  [14]  [13]  [11]  [12]  [485]  [10]  [9]  [486
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]