忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日発売のJAPAN読んだ

     もぉイガラシのばかばかばか! …大好きだぁっっ・゜・(ノД`)・゜・

     …てのが最初の感想です。
     もう愛しすぎる。この人。どうしてくれよう!

     …ぇーと騒いでる人にはコレで充分通じるんだけど、解説。
     今日発売のROCKIN'ON JAPANに、“Syrup 16g 五十嵐隆に解散の真相を訊く最速インタビュー”が掲載されているのです。
     その話。
     発表されたのが9日のライヴで、その翌日10日16:00-18:00にインタビューして、本日発売の月刊誌に掲載! ってすごい頑張ったと思う。
     ありがとうJAPAN! ありがとう兵庫さん!
     とりあえず、ファンは読んどけ。買ってもいい。そんで大樹ちゃんの声も聞きたいってハガキを出すんだ!
     …私、本気ですよ?


     ってなわけで(ェ。 以下、ネタバレ。(っていうのか?)



     …って書いたところで、もっかい記事読み直して、半泣きですよ。
     ぁあもうこの人、ほんとバカ!(罵っているわけではないですよ…!)
     もっと器用に、例えば大樹ちゃんがVOLAに修行に出たみたいに、試しにソロでやってみたり出来てたら、違っていたんだろうなぁと思う。
     自分が何を出来て、何を出来ないかとかが分かれば…とかさ。
     思ったんだけど、それが出来ない、彼がとても愛しいのです。
     しないんじゃなくて、出来なかったんだと思う。
     何故そう思うのかと言えば…一旦ソロ活動って選択肢が思いつかなかったとか、思いついたけどまたワガママ言えねぇよなぁって思ったとか。
     あるいは、バンド幻想から逃れられなかったからかなとか。
     …なんだろう、うまく言えないなぁ…
     五十嵐隆の楽曲を演奏する場所=Syrup16gだったから、なんだろうなぁと…
     それ以外の場所でって、彼の中ではナシだったんだろうな、と…うん。

     でもさ「大樹ちゃんがVOLAに居場所を見つけたなら、VOLAでがんばればいいんじゃないかな」っていうくだりで…大樹ちゃんは、VOLAにも居場所があるけれど、シロップにだってあるって思ってたと思うの。ただ、VOLAに集中出来なかった(ように五十嵐に見えた)のは、シロップが不安定で心配だったからじゃないかと思う。
     どっちもじゃん。
     前にJAPANで大樹ちゃんが言ってた“シロップは実家”だってのは、そういうことじゃあないのかな。
     自分が何かを得て帰れば、シロップの力になると思ってたからじゃないのかな。
     気を使ってたんじゃなくて、そうしたいからしてたんじゃないのかな。
     でも、五十嵐がそう感じちゃったんなら、仕方ないってのはあるよね…
     周りがとやかく言っても、理性でそうなんだって思っても、感情が納得しなかったらダメだよね、結局。

     あと“中畑くんと俺は、音楽性ではあんまり相性がよくないねって話を、前から聞かされる…”ってトコ。
     私は、そうは、思わない。
     真逆だとは思うけど、それは相性とは関係ない。
     中畑さんのドラムは、パワーが一番のウリかもしれないけど、本当に必要なのはそこじゃなくってさ。
     本当に、その楽曲を演りたいっていう情熱。だと思う。
     うわ。クサいね。でもさ、テクニックは後から付いてくるもんだからさ。
     VOLAの大樹ちゃんを見ていると、すっごい楽しそうですっごく良い音出してるし、私も大好きだけども、それはやっぱりシロップとは違う。
     シロップの時はさ。確かに、大樹ちゃんさぁ…気合で打ってるってーかさ。
     VOLAの音楽は楽しい=快楽だけど、シロップは魂っていうか。生き様。みたいな。
     …うーん巧く言えないな…

     とりあえず、今日はこの辺で。
     後日、まとまったら、また。

     それから。
     シロップじゃなくなっても。
     五十嵐隆のメロディーは、私には必要です。それは、断言出来る。

    拍手[0回]

    PR

    ぅん。。ぅん。
    「五十嵐隆のメロディーは、私には必要です。それは、断言出来る。」

    同意。
    だよね!
    同意ついでに、ハガキも書いておくれよ…
    ダイキちゃんの声も聞きたいって…!
    なんというか
    「人は一人、逃れようもなく」を本当に地でいってるよね、この人…。
    いがらしの言いたいこと、言ってることに同意ができるか否かは別として、分からなくはないんだけど、……寂しいね。ファンとしては。
    結局、ファンもだいきくんも、誰もあのこのアイデンティティを確立できるような、大きな存在にはなれなかったんだっていうのが寂しいな…自己中心な意見かもですが。;;
    ごめ、俺もまとまんないや。
    あいでんてぃてぃ
     本気で調べてしまった。アイデンティティ。

     とりあえず、あのこはまだファンを信用してない気がするから…
     顔の見えているファンは別として。HYO-GOさんとかw
     “得体の知れない大きな生き物”くらいな認識なんじゃ…
     とか思ってしまう自分、かなり悲しい(T_T)

     だいきくん…は…
     どうしてダメだったんだろう?
     ぃゃなんかあの記事で分かるんだけど、それって…?

     結局、あのこが自分の音楽に対して揺らいじゃったところが発端なのかな。
     あとはうだうだ考えちゃった理屈付け。
     な、気もしてきた。
     頭いい人が思考に溺れちゃった。っていう。
     …しかし他に方法があったろーに、とか…
     ぅううう~ん……。。。。
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [228]  [227]  [226]  [225]  [224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]