忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    マンガ読んでて電車乗り過ごした(笑)(「Love,Hate,Love.」)

     ごきげんよう。<某ドラマー風に(笑)
     生きてます!
     諸々、メンタル的に躓いてましたが生きてます!
     今日も若干つまづいてますが生きてます!
     特急に乗って、途中で各停に乗り換えようと思っていたら、特急に乗っていたことを忘れてしまい乗り過ごしorz
     降り忘れたのは、これを読んでいたせい!!!

    Love,Hate,Love.  Love,Hate,Love.
      ヤマシタトモコ


     BLコミックでは、かーなり有名な人(と、思う。大きい書店なら大体置いてある)の、初の男女恋愛物の単行本。
     28歳処女と52歳大学教授の恋。
     と書かれていますが、週刊誌風なものを想像しないでくださいませなw
     この人のマンガは、モノローグと絵の空白の取り方が絶妙! ってのが良い! のです。決して非日常的ドラマチックな展開はないっす!
     ゃー違うか、日常こそドラマなのか。んんー。この辺りの思考は、後日に置いておいて。
     モノローグは単語の選び方と、書き方も良いのです。

     でも実は男の人とマトモに
     つき合ったことがないから
     28だけど貫通前なの

     そんなときにいいの? わたし。


     ひらがなとカタカナ。句読点。そして単語!
     なんか絶妙。
     コマの配置も絶妙なのです。

     そしてヒーローであるところの縫原さん“以外の”男性たちが、めちゃくちゃムカつくんだよ! でもいるんだ、こういう人。仕方ないよね。
     という人を描写するのがうまい。特に主人公・貴和子さんの兄ね。ウチは父親がこういうタイプ。ちょっと違いますけど、同じ属性だなー。
     と、ムカついたけど、この書き方に感心しちゃった。そんで乗り過ごした(笑)。
     巻末のおまけマンガの甲埜くん最高! いや最低!!(爆)

     余談ですが、あとがきの

     三浦(しをん)さんの「現実に若い女とつき合う男は精神的に未熟な男」
     というお言葉に、目からウロコがぼろぼろ落ちたのであった。


     という一文に、激しく同意。
     だからそういう組み合わせって、女の子が平均よりも遥かに大人じゃないと続かないんだなーと思う。
     そんで、

     「でも二次元だと萌え」という共通の見解に落ち着いてしまいましたが。

     にも激しく同意、なのでした。ふ。

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [570]  [569]  [571]  [568]  [567]  [566
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]