忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「恋文の技術」

     ゆめゆめうたがうことなかれ。

    画像  恋文の技術
      森見登美彦


     能登の実験所へ行くことになった京都の男子学院生。
     話をするのは実験所の先輩ひとり。
     この機会に文通の腕を磨き、いかなる女性も手紙1本で篭絡出来る技術を身につけ、世界を征服する-
     と、いうわけで彼が書いた手紙のみで進んでいく小説です。
     返事の文面はありませんが、ちゃんと状況が分かります。
     一人称の小説と思えば、あんまり違和感はないのです。
     語りかける相手が代わると思えばオッケーです。
     相手によって、言葉が代わる感じがとても好き。
     同級生の友人と、怖い女性の先輩と、家庭教師をしていた小学生と、妹と。
     それぞれ、会話をする時も、言葉が変わるでしょう?
     そういう感じが見えてですね。そんで、小学生とか妹に対して、頑張って良いこと言おうとしてる感じとかね。可愛いよね☆
     そんで、徐々に伊吹さんへの……くすくす、可愛いなぁ☆
     このラスト、私は好きです☆

    拍手[0回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [547]  [546]  [544]  [543]  [542]  [545]  [541]  [540]  [538]  [537]  [536
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]