忍者ブログ
忘れぬうちに、すべてメモ。
02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 管理画面

    ロックミシンの講習会に行って来た。

    むかーし、某・職○訓練校(伏字の意味があまりないw)で買ったロックミシン、布端の始末にしか使っていないのは勿体ないなぁ。
     と思っていたところ、手芸雑誌で色々な機能を使ってワンピースを作るっていう講習が載っていたので、行ってみました。

     

     で、出来たのがこれ。

     出来についてよりも、講習会を受ける内容について、自分的に色々あったので、メモを書こうと思います。
     なんつーか、場所によって「こういう傾向の人が多い」っていうのを忘れていて、対応を間違えてイヤーな気持ちになる事が多いから、まぁ、自分メモです。脳内整理の意味も兼ねて。

     今回の、私が参加した動機と目標

     動機:ロックミシンの機能をきちんと知りたい
     目標:全く使ったことのない巻きロックを使い方を確認する(最重要)
        差動の使い方を知る
        縫い幅やらかがり幅やらの、細かい調節を確認する

     取説や本を良く読めばわかることが多いのだけれど、実践で使ってみないと、どういうところで使うのかのイメージが沸きにくく、身にならないので。
     また、私の持っているミシンが教則本に乗っている物と若干違うので、教則本と説明書、両方見て突合せながらやらねばならず、ハードルが高いな、と。
     ならば、私のミシンを作った会社の講習会に行けば、実際に使う機種は違うとしても、私のミシンではどうなるとか、聞けるなーとも思ったのでした。
     参加者は5人。定員は6人だったので、余裕がある方かな。

     なーんて思ったのですが。

     実際、始まってみるとそれどころではなく。
     一番の要因は、私の作業が遅れたって事なんですけどね。
     これは、1台しかない機器の使用順を譲ってしまい、1番最後になったせいなんですけど。
     巻き返そうとしたものの、途中から先に進んだ人にだけ個別に解説するっていう進行に変わってしまったため、次の作業の説明聞いてない→先生呼ばなきゃ→他の人の説明途中で待つ→ますます遅れるという悪循環に陥ったためかと。
     ここで、他の人の説明だろーがなんだろーが、空気読まずに先生先生と呼びつけるスキルがあればいいんだろうけど、私には出来ません… だって自分がやられたらイヤだもの。
     その人も習う権利はあるのだから、そこはきちんとしたい。

     ただ、何度思い出しても納得いかないのは、一番知りたかった巻きロック(今回の機種ではWAVEロック)の説明、テキトーにやらされたことだ。
     他の人と話しながら、既に糸がセットされたミシンに、私の布を先生自らミシンにセットして、身振りでペダル踏めってやられたことだ。

     ここを! 一番!! 習いたかったんだ!!!!!!

     でも、もう規定時間超えていたし、これ以上遅くなるのは不本意であるし、ここで主張したところで口頭でざっと述べられて終わり→取説読むのと変わらんので、黙ってやりましたが。
     まぁ、ここに至るまでに舐められたんだろうなぁ。文句も質問もあんまり言わなかったから、「この人は適当にやっても大丈夫」的な。
     つまり、機器の使用を笑顔で譲ったりしたことで「この人文句言わない」系のキャラになってしまったんだなぁ…
     でも、だからって、他の人と話しながら、先生が処理するというのは失礼ではあるまいか。
     私の方の説明が終わって、私が作業に入ってから会話を再開すればいいのではあるまいか。

     とは思ったものの、こういう技術系の先生には「中断する」というスキルに乏しい人が多いから、それを望むのは、無理なのかもしれない。
     職人タイプの人が多いからかもしれない。視野があまり広くなく、相手の状態把握力も高くないのだ。たぶん。
     そして、そういう人が多いところでは、主張しなければ教われないのだ。
     生徒の方から「中断させる」事をしなければ、自分のところに来ないのだ。
     すっかり忘れていた。
     確かに、実技系の授業はそういう側面が強いけれど、洋裁系の先生ってそういう人が特に多いのだ。某・訓練校でもそうだった。
     それで、精神的に酷い1年を過ごしたんだった! あまりに酷い記憶だったから、すっかり忘れていた。

     だが忘れてばかりもいられない。
     次にどこかの講座に参加するときは、気を付けよう。
     今回の口座でも、直接作業を見たり行ったりするのは、勉強にはなったから。



    追記:だけど、もうここの講習会に参加したくはない。
       理由は2つ。
        1.常連さんが邪魔。
         先生と世間話を始めて止まらなくなったり、先に進んでいるので質問してみたけど、全く回答を得られないばかりか関係ない話を持ちかけてくるので、障害にしかならない。
        2.先生が割と失礼。
         本文に書いたけど、他の人と話しながら、もう一人の作業を適当に行うのは、人として失礼だし、帰り際「あのミシン1番最後にしてもらってゴメンなさいね」と謝ってきたが、謝罪ポイントはそこじゃない。
         そして「普段は小物しか作っていない」と言ったのに「よくお子さんに洋服作っているんですか~?」と聞いてきた事が、ちょっと。
         親が作った服を着る年齢の子供がいたら、この時間(昼からラッシュアワーにかかる夕方)に出てこられる人は少ないのではなかろうか。
         そして、うちは子供いませんし。悩んでいる、というほどではないものの、コンプレックスなので言われるとちょっと嫌。そして、上記のように色々あった後なので、かなり嫌な気分に。
         既婚者の女性の講師として、ちょっと思慮が浅いという気がしました。
         同世代って感じがしたけど、実はもっと若かったのかしら。もっと年配の人なら、逆に仕方ないって思ったけど、同世代だと思ったから、そういう発言してくるとは思わず油断していたわ。

    拍手[0回]

    PR

    及川光博ライヴサーキット2014『THE MITSUHIROCK☆SHOW』 〜さらば!! 青春のSHIBUYA-AX〜

    “〜さらば!! 青春のSHIBUYA-AX〜”というサブタイトルの通り、AX最後のワンマンです・゜・(ノД`)・゜・
     ちなみに、明日はイベントで対バン形式なので、AXでワンマンをやるアーティストとして、トリなのです。よよよ(T△T)
    (超☆余談だけど、ラストのイベントライヴは、the pillows/9mm Parabellum Bullet/WHITE ASHという、かなり豪華なメンツでした。)

     AX…最近、とんとご無沙汰だったけど、思い出いっぱいのライヴハウス。
     始めて行ったときは、ライヴハウスがこんなに大きくていいのか! と思ったけど、改めて見ると、意外と小さかった。Zeppの半分くらいだものね。時代は変わったのぅ…

     以下、セトリと簡単なメモメモ。

    OP『誰も寝てはならぬ』(らしいです…不勉強。。。)

    1.月下美人
    2.聖域(サンクチュアリ)
    3.運命のいたずら
    4.アイという名のもとに
    5.まるごとフルーツ
    6.花びらのように やり直しした(^_^;)
    7.ココロノヤミ
    8.ベストフレンド しんどそーな感じが目に見えてきた…
    9.強烈ロマンス キヨシローだよ!
    10.天使のうた
    11.GO A HEAD!
    en1-1.スリル(布袋寅泰)
      2.モラリティー(ときめもホーンズ登場!)
    en2-1.Solution
      2.今夜桃色クラブで(かおりん&さっちん登場)
      3.S.D.R(理枝さん登場!!)

    ED『ネオンボーイ』

    以上!

     及川さん、全力出し過ぎたようで、後半バテバテだったけど、キラッキラしてて良かったわー(´∀`)
     目の前に、180クラスの男子が立ってしまい、ほとんど直接見えなかったんだけど、その男子は振り付けが完璧だったので、それはそれで見ていて楽しかったです。
     モニタが近くにあったので、ステージ上の動きは把握できていたし。

     AX…寂しいなぁ…

    拍手[0回]

    ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「祝祭の日」2014

    at 東京国際フォーラム

     今年も行きました、クラシックの祭典!
     ちょっと詰め込み過ぎて、プログラム以外の物を見る余裕がなかったので、来年は余裕を持ちたい。
     合間、15分とか焦ったわ…

     あと今年は1度も寝なかったぜ!(ぇー
     会場ついてから、リポ○飲んだのが効いたかな?
     おかげで堪能出来たー!

     で、以下に鑑賞した演目と、簡単なメモをば。

    214 ホールA 16:15-17:00
     ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95 「新世界より」
      ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
      ドミトリー・リス (指揮)

     第2楽章と第4楽章は有名旋律があって聞きやすかった。
     だがそれより第3楽章が出だしとか格好良くて好きだ!
     そしてトライアングルが入るほのぼの感とのギャップが良いです。

    274 よみうりホール 17:15-18:00
     モーツァルト:ピアノ・ソナタ第12番 ヘ長調 K.332
      第1楽章 アレグロ / 第2楽章 アダージョ / 第3楽章 アレグロ・アッサイ
     ショパン:ノクターン 嬰ハ短調 KK IV a-16 (遺作)
     ショパン:子守歌 変ニ長調 op.57
     ショパン:即興曲第4番 嬰ハ短調 op.66 「幻想即興曲」
     ショパン:舟歌 嬰へ長調 op.60
      アンヌ・ケフェレック (ピアノ)

     モーツァルトのピアノソナタの次に、ショパン。
     あ! ぜんっぜん違う!! って思った。
     まー当たり前だけど、同じ楽器なのに、作曲家の特徴が出てる! って。
     ショパンはやっぱ、キラキラだよねー。

    215 ホールA 18:30-19:25
     モーツァルト:レクイエム K.626
      レティツィア・シェレール (ソプラノ)
      キャサリン・ピロネル・バチェッタ (アルト)
      クリストフ・アインホルン (テノール)
      ピーター・ハーヴェイ (バリトン)
      ローザンヌ声楽アンサンブル
      シンフォニア・ヴァルソヴィア
      ミシェル・コルボ (指揮)

     ここ数年、プログラム簡素化されているラフォルジュルネですが、これは歌詞カードくれました。
     なので、これを見ながらの鑑賞。
     勿論、全部は分からないんですが、おおよそ、どの辺りかは把握しながら聞けました。
    (予習では、流し聞きしかしていないから、どの旋律がどのタイトルの部分…とか分からないんですよ。。。
     対訳付だったので、「これはこんな意味なのかーこの旋律と合っていいなー」とか考えながら聞けたのも良かったです。
     「ベネディクトゥス」はベネディクトさんの名前の語源なんだろーなー、とかw
     そうそう、この演目は、2006年のモーツァルトの時も聴いているので、2度目の鑑賞でした。
     何度聞いても良いものですなー。

    256 ホールD7 19:45-20:30
     ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第19番 ト短調 op.49-1
     ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第20番 ト長調 op.49-2
     ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第21番 ハ長調 op.53 「ワルトシュタイン」
     (en. メンデルスゾーン 無言歌集より 第5巻 作品62-1 「5月のそよ風」)
      小菅優 (ピアノ)

     「ワルトシュタイン」は音源もっているかも! と思ったのに、なかったり、音源収集の途中でバタバタしてしまった関係で、このプログラムの曲はすべてノー予習! 初聞き!!
     でも寝ませんでした!w
     むしろ「ワルトシュタイン」の派手さには目が覚めましたw

    拍手[0回]

    “成山内 東名阪ワンマン”

    @東京 手紙舎 2nd STORY

    ハーメルン
    lamp
    さかなになって
    palette
    ドレミ
    君と背景
    パラベル

    inside
    なんとなく
    写真
    自由の果て
    ピエロ
    エトピリカ
    メロウ
    メトロノーム
    メリーゴーランド
    メロディ

    En
    ねむろ

    拍手[0回]

    “sleepy.ac tour ~ extra ~”

    @ 北とぴあプラネタリウム

    1. only in dreams
    2. メロディ
    3. アンドロメダ
    4. メロウ
    5. シエスタ
    6. ハーメルン
    7. lump
    8. カゼノトオリミチ
    9. まっくら森の歌
    10.メリーゴーランド
    11.街
    12.雪中花
    13.white
    14.Lost
    15.かくれんぼ
    en-1 PAIN

    拍手[0回]

    「くうのむところにたべるとこ」

     …うかつにも
     ちょっとキュンと
     きたので諦めます


     面白かった!
     恋愛の不可思議さを描いたら最高ですね。
     今までの作品もそうでしたが、これはその中でも集大成って気がします。

     上記引用文は、恋愛状態の人すべてに当てはまる気が。
     結局、これで諦められたら恋に落ちてるってことかな。
     これが過ぎるとだめんずにはまるって事ですな。な。

    拍手[0回]

    「八百万の神に問う3 - 秋」


     Kindle版しか画像がでない…orz
     ま、それは置いておいて。

     これはまた、傑作!
     「夢の上」シリーズで魅せられた構成の妙を、また楽しませていただきました! …あ、まだ完結していませんが。次巻、完結ですが、こりゃ楽しみすぎる展開!
     構成の何がすごいって、巻毎に主人公が違い、それぞれの視点で身の上や過去の話を語っているのに、全体としての話もきちんと進んでいる事。
     途中の巻から読んでも、物語としては成立する。その巻の語り部の物語は、その巻で完結する。
     でも、全体の話は進んでいて、それがまた、すっげー気になるんだ…!!
     そして設定も、とても私好み。

    拍手[0回]

    「1年が楽しくなる さばお手帳のつくりかた」


     楽しい手帳の見本。
     他人が見ても、カラフルで楽しい♪
     使われているのは、ほぼ日手帳。
     私もこういう使い方したかった…
     今、試しているのは、やることをタイムテーブル的に管理する方法なので、こういう可愛い絵を描いたりデコったりするのに合わないんだよね…(何せやること殴り書きなので)。
     仕事用とプライベート用、別にするならアリかも。
     あと、事務仕事の人は真似してみると良いかも。日々、気分があがりそう!

     ブクログのブログ用リンク作成が出来ない…
     どこでやってたか忘れたから、細かい事は分からんけど、プレミアム以外ダメになったんかなー? むむぅ。

     追記:可愛いシールは、手帳に貼る前にコピーを取って一緒に袋に入れているそうです。
        そうすると「もったいなくて使えない!」って事がない、と。
        なるほどーと思ったけど、私が一番勿体ないって思うのは小学館から出ているシールブックなので、全部コピーするのはためらわれます。枚数多すぎてめんど…
        あ、使おうと決めたら順次コピーしていけばいいのか。んー。



      

    拍手[0回]

    「終物語 (上) 」

    (ネタバレ含)

     扇ちゃんが怖い…
     当初から、胡散臭い子だと思ってはいたけれど、こうなると可愛い通り越して怖い。
     対比として、羽川さんの可愛さが3割増しに感じてしまった。
     ぅぅぅ、いいんちょ可愛い…

     今回の内容は、阿良々木くんの過去から続いてた話。
     子供の頃の出来事って記憶なくなるよねってしみじみ思った。
     既に大人な私が忘れているのと、高校生の彼が忘れているのとは質が違うけれども。

    拍手[0回]

    「星籠の海」

     過去のシリーズが大好きで、この度、国内編の新作が出るということで読みました。
     が…
     ファンの女の子たちの行動が鼻につきすぎ…
     御手洗さんと石岡さん、どっちがエプロンつけるんですか! とか、2人のために、ダブルベッドのホテルを予約する、とか…
     昔、島田先生のところに頭の痛いファンが押し掛けたという話ですが、そういう人ばっかりだったのでしょうか。そして、女性ファンはそんな人ばっかりだと思われているのでしょうか…
     その辺が気になって、イマイチのめりこめず。

     のめりこめず、と言えば、福島から来た少年が白血病になるのも。
     この頃(1990年代?)から、問題があったのかどうか知らないけども、原発批判のために病気にされたように思えます。
     あと宗教団体。とか。とか…
     現実の問題が露骨に出過ぎていて、エンタメとして楽しむにはイマイチ。かといって、本格ミステリにはなっていない。

     ので、ビミョーな評価★2つです。

     …って書いたあと、ふと思ってしまったんですけど…
     宗教にハマっちゃった演劇青年の過去話、あれ、まるっといらないんじゃ?? 過去に、「こういう女性と東京に出てなんかあったらしい」って噂話があった。そして本人に聞いたら本当だった。
     くらいで良かったのでは? すごーく長い割に、満足度が低いのは、そういうところがあったからかもしれません。

    拍手[0回]


    [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
    プロフィール
    すずね
    本と音楽、お茶とお菓子を愛する腐女子属性人間。
    気まぐれに自転車にも乗ってます。
    mixiの日記としても使用中。
    読んだ本の記録はプラグインの「本棚」もしくは「ブクログ」の「すずねの本棚」。感想を書いたものは、このブログに転載しています。
    自己紹介的な記事はコチラ
    2006年4月以前の日記はコチラ
    twilogはコチラ
    カレンダー
    01 2018/02 03
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28
    ブログ内検索
    バーコード


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]